性別も無関係

モデルのオーディションというと、やはり女性ばかりというイメージを持っている人も多いでしょう。若い人の場合には、やはり女性の方が印象がよいので、雑誌などの表紙を飾っているのは大半が女性になっています。しかし、シニアモデルの場合には男性でも比較的需要があるので、性別に関係なくオーディションに参加できると言っても過言ではありません。

もちろん女性の方が需要はあるのですが、男性の需要も高くなっているので、十分にチャンスはあるでしょう。しかし、シニア世代は人数が多いので、オーディションの内容によってはかなり倍率が高くなってしまう場合もあります。このような場合でも勝ち残れるようにするためには、やはりタレント養成所などの専門機関に通って勉強をしておく必要があります。

若い女性であれば、スカウトしてもらえるチャンスも十分あるので、特にタレント養成所に行かなくてもモデルデビューできる可能性は高いでしょう。しかし、シニア世代はあまりスカウトしてもらうチャンスがないので、きちんと基礎を身に付けてからオーディションに参加しないといけません。最近はシニアモデルの専門事務所も増えてきたので、このような事務所が主催している専門学校などに通うことも可能です。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket